フォト
無料ブログはココログ

« 鬼が棲む文字放送でお送りします。 | トップページ | 鬼が棲む字幕放送→今回は写真入り »

2015年7月 2日 (木)

鬼が棲む文字放送その2

で、今回のキャスティングは早い段階から決まっていたという話。

プロットの段階から

桃太郎(25代目) 稲森誠
エンキ 多田志典
金太郎 若木志帆
亀 宮越絢子
店長 十一十三
読み合わせをやってみて
ジャカン 田中亮介
アクラ 川渕毅
ランキ たかだゆきひと
犬公 坂元恭平
猿皇 宇都宮優
雉将 森本憲
割と難航したのが
浦島太郎、カグヤ、乙姫、店員、ザンゲツ、キサナ、トウヤ

残ってるキャスト
朴友鳩、笹倉明衣、小野みちる、小林浩司、栗田ゆうき、上野貴彦、(黑木てるみ)

意外にも人間側の主人公トウヤが決めきれずにいた。
UWASA的に行くと兄貴との対立ポジションにボクが入ることが多いけど、トウヤには若いキャストを当てたかった。この時点でまだ終局までの画はなかったのだけど、ほんのりと25代目VS26代目の親子対決があるというような感じだったので、それをかんがみるとボクの線は無いと思い、一番にはずれた。鬼チームにキャスティングされた若い子たちもよかったんだけど、なにより一番ビビりな感じが好印象で(笑)てゆうか、日本刀つかってアクション出来るというのが大きく、トウヤは上野君に決定。

そんなキャスティングが開花したのがやっぱり親子対決!稽古の時から父桃太郎の覇気に押されていた上野トウヤ。でもその覇気を強引に気合だけで押しのけようと振るえる体に喝を入れて立ち上がる。絶対的英雄の覇気VS強引に未来を切り開こうとする命がけの気合がぶつかる物語で最高のクライマックスシーン!多くのお客さんが感動をあらわにしていた。このシーンが終わると上野君は抜け殻みたいになってておもろい(笑)


そんなこんなで、そこからは男のキャストはさくっときまる。
次に難航したのがキサナ。人間と鬼とをつなぐ重要ポジションで、影を背負ってる感じが欲しかった。決まったのはゆうきちゃんだったけど、ゆうきちゃんはニコニコわらってるのが印象的でファンの皆さん的にもそんなゆうきちゃんしか観たことなかったのでは?と思い、あえて笑顔少な目の役に挑戦してもらった。感情が出せない役なので結構悩んでくれていて、それがボク的にはうれしかった。

そうなると残ってるのが乙姫と店員とカグヤ。カグヤは黑木さん(この時点でまだ出演できるか決まってなかった)にやってほしいと思っていたので、あとはセクシーさ勝負で乙姫に明衣ちゃん。天真爛漫な店員にみちるちゃん。という風にキャスティングが決定。

« 鬼が棲む文字放送でお送りします。 | トップページ | 鬼が棲む字幕放送→今回は写真入り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108262/60580454

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼が棲む文字放送その2:

« 鬼が棲む文字放送でお送りします。 | トップページ | 鬼が棲む字幕放送→今回は写真入り »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

twitter

公演予約

  • #舞台版うしおととら
    「雨に現れ、雨に消え」 12月 17(木)19時半 18(金)19時半 19(土)15時/19時半 20(日)14時/18時 シアターOMにて、前売1500円 予約は朴友鳩まで uwasaguys@gmail.com

最近のトラックバック