フォト
無料ブログはココログ

« 演出家もぶっ倒れる過密な稽古とマナブ | トップページ | まるで魔法にかけられたように楽しい時間はあっというま »

2015年6月17日 (水)

祭りの前はみんな変なテンション

稽古もクライマックスに入ってきました。つまりあれです。そろそろ本番が近いよってことです。あわわ、あわわ。グッズもそろそろ構想ができてきて、すでに動き出しているものも何点か。

そのひとつがこれだ!毎度おなじみ公演記念Tシャツ!!

Oni_t_kuro_f1
Oni_t_kuro_b1_2
サイズはSS、S、M、L、XLで、色は白、黒、紺の3種類。
価格は2500円となっとります。観劇の記念にぜひお買い求めください。

とりあえずは一部ご紹介です。他にもいろいろあるようなので、気になる方は是非とも会場まで来てお確かめください!

そしてそして、昨日は舞台版うしおととらの稽古でした。昨日の時点でもらった台本のボクの登場シーン「1行」Σ( ̄ロ ̄lll)エエッ?! そして代表の殺陣を覚える。潮の殺陣を付ける。。。あの、ボクまだウワサの本役のセリフも覚えてないんですけど。。。。。。

朴友鳩、またもや小屋入りまで自分の稽古できないのか?! 本番までにセリフは覚えられるのか? 「小道具作りはいいから役者に専念して!」ってやさしく言ってくれるボランティアスタッフ募集中(笑)

ウワサのおとぎテインメント

―Ogre Strikes Back―

鬼が棲む島からヤツらがやってきた

【ストーリー】

代々受け継がれてきた英雄「桃太郎」

数十年に1度繰り返される

「鬼退治」と称される「間引き」

鬼は反撃することを許されず、

ただ黙ってその間引きに耐える事しかできなかった。

人間は何故鬼退治をするのか?

その意味すら過去のものとなり、

ただ「桃太郎は鬼を退治る英雄」

として君臨するのが当たり前のものとなっていた。

鬼は何故殺されるのか?

人間に反旗を翻し

悲しい歴史に終止符を打たんとする若き鬼たち。

歴史の中に埋もれた真実を紐解くために

鬼が島に向かった26代目桃太郎。

真実を語るのは、いったい誰か?

歴史の真相は、強いものによって塗り替えられる・・・

【場所】

大阪市立芸術創造館

【出演者】

多田志典、朴友鳩、稲森誠(シアターOM)、若木志帆

上野貴彦(武-MUSA-士)、栗田ゆうき(ドアーズ)

小林浩司(劇団黒豚農場)、黑木てるみ

十一十三(エンターテインメントセルフキートン)

森本憲(演劇集団☆ゴサンケ)、宇都宮優

坂元恭平(演劇集団☆ゴサンケ)、宮越絢子

川渕毅、たかだゆきひと、小野みちる

笹倉明衣(Dance Company BLUE ROSE)、田中亮介

上垣強(RandomEncount)、壬生狼朖(茂組)

志水祐嗣(「うしとら」プロジェクト)、大田アキラ

2015年6月27日~28日

27日(土)14:00~/19:00~

28日(日)12:00~/17:00~

場所:大阪市立芸術創造館

チケット:前売り 2000円

     :当日  2300円

UWASAのGmail:uwasaguys@gmail.com

UWASAのHP:http://uwasaguys.wix.com/uwasa

Tirashi1

Tirashi2

« 演出家もぶっ倒れる過密な稽古とマナブ | トップページ | まるで魔法にかけられたように楽しい時間はあっというま »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108262/60413119

この記事へのトラックバック一覧です: 祭りの前はみんな変なテンション:

« 演出家もぶっ倒れる過密な稽古とマナブ | トップページ | まるで魔法にかけられたように楽しい時間はあっというま »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

twitter

公演予約

  • #舞台版うしおととら
    「雨に現れ、雨に消え」 12月 17(木)19時半 18(金)19時半 19(土)15時/19時半 20(日)14時/18時 シアターOMにて、前売1500円 予約は朴友鳩まで uwasaguys@gmail.com

最近のトラックバック