フォト
無料ブログはココログ

« そんな場合じゃないってことも分かっててやってる場合もある | トップページ | 祭りの前はみんな変なテンション »

2015年6月12日 (金)

演出家もぶっ倒れる過密な稽古とマナブ

連日の深夜作業とバイクの頸動脈を斬られた過度なストレスによりとうとうぶっ倒れました(笑)でもでも、やっぱり手を差し伸べてくれる女神さまっているんやね~、気を使って演出席におつまみサラミの差し入れ入りました!テンション復活!死ぬほど凹んだテンションもサラミひとつで回復!って、どんだけ単純やねんww


稽古は前半戦の通し稽古の改善点の洗い出し~最後のシーンまで付ける。予定が、あんまり一生懸命やり過ぎて時間配分間違って、途中で終了。その後は各自で殺陣練習や、兄貴による演技指導。からの、小道具製作。みんなよくついてきてくれるね~~~。でもおっさん、昨日はさすがに深夜作業中断してぶっ倒れました。そしてそんな残念な演出家に気を使って第2の女神降臨!記憶もあいまいなおっさんの体をもみもみとほぐしてくださいました。ありがとぅ~ヽ(´▽`)/

気持ちよくなって1時間ぐらい?仮眠してたら体に圧力を感じてぼんやり目を覚ます。と、サラミの女神が体をもみもみしてくれてるではありませんか!!女神!!ボクは思わずこう言った!!!!

「ふくらはぎお願いします」



そんなかんじで和気あいあいと稽古に励んでおります!




ウワサのおとぎテインメント

―Ogre Strikes Back―

鬼が棲む島からヤツらがやってきた

【ストーリー】

代々受け継がれてきた英雄「桃太郎」

数十年に1度繰り返される

「鬼退治」と称される「間引き」

鬼は反撃することを許されず、

ただ黙ってその間引きに耐える事しかできなかった。

人間は何故鬼退治をするのか?

その意味すら過去のものとなり、

ただ「桃太郎は鬼を退治る英雄」

として君臨するのが当たり前のものとなっていた。

鬼は何故殺されるのか?

人間に反旗を翻し

悲しい歴史に終止符を打たんとする若き鬼たち。

歴史の中に埋もれた真実を紐解くために

鬼が島に向かった26代目桃太郎。

真実を語るのは、いったい誰か?

歴史の真相は、強いものによって塗り替えられる・・・

【場所】

大阪市立芸術創造館

【出演者】

多田志典、朴友鳩、稲森誠(シアターOM)、若木志帆

上野貴彦(武-MUSA-士)、栗田ゆうき(ドアーズ)

小林浩司(劇団黒豚農場)、黑木てるみ

十一十三(エンターテインメントセルフキートン)

森本憲(演劇集団☆ゴサンケ)、宇都宮優

坂元恭平(演劇集団☆ゴサンケ)、宮越絢子

川渕毅、たかだゆきひと、小野みちる

笹倉明衣(Dance Company BLUE ROSE)、田中亮介

上垣強(RandomEncount)、壬生狼朖(茂組)

志水祐嗣(「うしとら」プロジェクト)、大田アキラ

2015年6月27日~28日

27日(土)14:00~/19:00~

28日(日)12:00~/17:00~

場所:大阪市立芸術創造館

チケット:前売り 2000円

     :当日  2300円

UWASAのGmail:uwasaguys@gmail.com

UWASAのHP:http://uwasaguys.wix.com/uwasa

Tirashi1

Tirashi2

« そんな場合じゃないってことも分かっててやってる場合もある | トップページ | 祭りの前はみんな変なテンション »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108262/60350989

この記事へのトラックバック一覧です: 演出家もぶっ倒れる過密な稽古とマナブ:

« そんな場合じゃないってことも分かっててやってる場合もある | トップページ | 祭りの前はみんな変なテンション »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

twitter

公演予約

  • #舞台版うしおととら
    「雨に現れ、雨に消え」 12月 17(木)19時半 18(金)19時半 19(土)15時/19時半 20(日)14時/18時 シアターOMにて、前売1500円 予約は朴友鳩まで uwasaguys@gmail.com

最近のトラックバック