フォト
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月29日 (日)

ウワサの裏平安京話その8「長いこと休載しててすんませんなこともある」

現実逃避も一月近くなりそろそろ現世に戻ってこようと思案中。みなさん、おげんきですか?



すっかりお待たせして申し訳ございませんので、今回の紹介はボクです!

Img_0037

「平安京に~」のストーリー上では2人(実は3つに!)分かれていた安倍晴明の、通称「白の晴明」役、朴友鳩(ぼくともきゅ)です。いちお、U・WA・SAの奴等produceのプロデューサーであったり演出やったり舞台美術やったり焼肉食ったり雑用係ですwww


公演まではいろいろありました。公演期間入るまでは「極にゃん」が一番ハードやと思ってたけど、「平安京」はそれをはるかに凌ぐハードさ!なんでや?と思ったら、

①自分の出番が今までより多い(メインキャラやからしゃあない)。

②ほぼ全員殺陣がある。

③やのになかなかスケジュール揃わんから殺陣練習ができない。

④終盤シーンの構成がややこしい。

⑤セリフ量が半端なく多い。


そんなこんなで白VS黒の殺陣の振付が小屋入りした日の夜中。ネタ部分がカッチリ決まったのは本番前のメイクしてる時ぐらいやったかな~?まあネタは直前ぐらいに決める方がいいヒラメキがあるからね。料理も出来立てホヤホヤが美味いでしょ?そんな感じ。



Hey ! And ! JUMP !!(平安ジャンプ←Hey! Say! JUMP的な)
Img_0035

はい。これ結構しんどかったジャンプ。千秋楽なんかはもう腰がヤバヤバで、、、コルセットをガチガチにしてやってましたわ。別のシーンのなんでもないところでギックリ的なアレが来ましたが、気合で耐えました(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

そうそう、平安ジャンプ!からのたぬちゃんたちとの殺陣ですよっ。ほんっとしんどい!
Rkdvbpg62_yaatxm34leirfcob__51fygcm

ほんでコルセットで締め付けてるもんだから呼吸困難になるわセリフは思い通りにしゃべられへんわぐだぐだでしたわ。ほんまにすんません(つд⊂)エーン

もう、穴があったらアレします!ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ



で、詠唱の秘密コーナー!

青龍の門、白虎の門、玄武の門、朱雀の門、この辺は法則がなんとなくわかると思います。

①青龍の門、瀑布、司るは剛力=瀑布てのは滝水の落下(地点)。龍はそれをもろともせず天へかけ昇る様から、「力強さ」を得るための詠唱。

②白虎の門、疾風、司るは刹那=虎が疾風のように駆ける様から「素早さ」を上げるための詠唱。

③玄武の門、金剛石、司るは不屈の防壁=金剛石とはダイアモンド。玄武の甲羅を硬度10のダイアモンドの硬さまで上昇させ、無敵の盾を作り上げ、いかなる攻撃も弾き飛ばす!

④朱雀の門、稲光、司るは爆熱=自らに轟雷を振り落とし、敵もろとも爆砕させる、凄まじき自爆の詠唱。

はい。こんな感じです。お分かりいただけましたか?

そして詠唱にはこんなんもありました。
「黒き雷(イカヅチ)、白き雷、清流のごとき魂、降りおろされし斧、太極旋回、イザナギ!」
どのシーンかというと、八葉を仲介して黒の晴明のパワーを受け取り、白・黒が力を合わせて鬼童子に一矢報いるというところ。

この詠唱、じつは・・・「ふたりはプリキ〇ア」から借用www
そもそも「ふたりはプリキ〇ア」の元ネタが陰陽師ではないのか?という仮説からこの「平安京~」の基本設定が作られたので、ここは外せんだろう?てことで、本番1週間前ぐらいに作成した詠唱。

はい、元ネタはこちら
B「ブラックサンダー!」
W「ホワイトサンダー!プリキ〇アの美しき魂が・・・」
B「邪悪な心を打ち砕く!」
BW「プリキ〇ア・マーブルスクリューーーーー!!・・・MAX!!!!!!!!!!!!!!


そんな感じですwwwお分かりいただけましたか?( ´艸`)プププ
ほんとは黒と白とでセリフ振り分けて、音もこんな感じで~とかやりたかったのだけど、もうそんなこと言ってられないぐらい時間的余裕がなくて・・・一人でやっちゃいましたテヘペロ


あとそんときのフォーメーション!「ウ〇ングマン」の「デルタエンド!」って、誰がわかるねんんんんんんんんんん!!!
わざもマンマ、デルタエンドにしようかと思ってたけど、らしくないので基本に戻って「プリキ〇ア」を採用。


ちなみに法師(蘆屋道満)の唱えていた詠唱と、白の晴明が唱えていた詠唱は基本から違っていて、「ドーマン」「セーマン」として区別しています。流派が違うというか、質が違うというか、そんなアレです。



つづく

2012年7月24日 (火)

アフター

アフター
焼肉行った

2012年7月 7日 (土)

ウワサの裏平安京話その7「緊張感と暴走」

リアルな話、会社にコロサレカケテマス。

さ、それはさて置き、役者紹介第2項はこいつらだ!どんっ!!

Img_0343

妖怪タヌキーズ!阿波から来た化け狸2匹組×2チーム!

因みに、「傘差(カササシ)」「首吊(クビツリ)」「赤殿中(アカデンチュウ)」「白徳利(シロドックリ)」という化け狸は四国の妖怪話にはよく登場するそうで、傘差は雨の降る夜人間の姿に化けて表れ、「傘に入ってけ」と言って人間を傘にいれ、そのままどこかへ連れていってしまうそうな。そして首吊りは、傘差が連れてきた人間の首を気の枝から吊るす。劇中では首吊の方が良識あるように描かれているが、本物は本気で怖いやつだそうな。こわ、こわっ━━Σ(゚д゚;)━━!!

Img_0001

赤殿中は赤い半纏を着た子供に化けて背負うことをしつこくねだり、仕方なく背負うとその人間の肩を・・・叩いてくれる。・・・・・・・・・いい奴じゃん!Σ( ̄ロ ̄lll)そして白徳利は、白い徳利に化け、捕まえようとしてもコロコロ転がって捕まえることができない。←何がしたいねん!!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

Img_0054

本編ではそんなちょっとふざけたところのある化け狸たちが京を統べるクロマニョ・・・・黒晴明のもとへと参じたとき、鬼童子の妖力によって「人間を襲う」凶悪狸へと操られてしまう。人の怨念、恨み、憎悪、争いが、イタズラ狸を殺人狸へと変えてしまったのだ。ああ、オソロシヤ(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

気を取り直して、まずはヅラがミックミクな感じの「傘差」役、小出太一。

Img_0163

「傘差」という役柄上、傘を持ってます。そのまんま!稽古中に4本ぐらい傘を壊しましたwwwwwwwww多田氏の殺陣振り付けの苛酷さを物語ってます。

Img_1758

なんでか乳毛の毛づくろい中( ̄◆ ̄;)

最初台本に忠実な役作りをしていたが、狸4匹の個性の主張を求めた多田氏が狸共に最初に与えた指令。以降、太一は「フ〇ーザ様」をモチーフに役作り。でもなんか、あれだよ、劇団新〇線の「右近〇一さん」みたいになってる( ノ゚Д゚)ヨッ!ってツッコミが・・・。でもいつもと違った役作りでちょっといい刺激になったかな?

お次はこいつ!冨田亜紗子(Tomy)

Img_1366

「首吊」なんでロープを持ってます。そのまんま!「ロープの結び方」という書籍で、見栄えのする結び方や武器として使いやすい結び方をいろいろ研究してました。

Img_1602

ロープで人を攻撃するって、「縛る」ぐらいしかないとオモッテマセンカ?ノンノンノン(◎´∀`)ノ工夫しだいで打撃ツールにもなっちゃうスグレモノ!またそれをちゃんと使いこなせるようになるまで練習したTomyの努力の賜物!衣装製作やったりロープ殺陣研究したり、フラッシュローラー乗りこなす練習したり、この公演にかける意気込みがものすごい伝わったよ!Tomy、サイコー!ヽ(*≧ε≦*)φ

そして3番手はこいつ!花田圭。

Img_0094

おい、普通か(笑)!衣装に「麺」って書いてますが、それ、香川だからねッ、讃岐だからねッ、お前ら出身、阿波だからねッ!阿波は徳島県だからねッ!

Img_0056

技!それそれ、そういうの頼むよっ(笑)!若手な花ちゃん。昨年の「仁義~」にはモブで出演してくれていたが、今回はちゃんと役付き!「ベテランやクセモノが多いU・WA・SAの奴等の中で目立つには、個性が大事」てことで、彼も役作りにヒジョーに苦労していた。そら苦労するわ。(;;;´Д`)ゝそれもずっと低く構えてケモノっぽさをふんだんに出してたもんだから・・・からの~ワザ!写真のワザ!!どうなってんの~コレ?(@Д@;

本日最後はこの方!醍田秀喜!

Img_0046

そのまんま白い徳利もってます。武器ではありません。酒が入ってます。飲む用です。ずっと酔っ払ってます。故に、酔拳を得意としてます。

Img_2367

ほらねッ飲んでる(笑)!タヌキーズの中では最年長で、風格のある役作りをってことで・・・DBの「桃白〇」みたいな感じでwwwwほら、「白」って云ってるし!なので後ろ髪、ミツアミしてます。白晴明VS狸4匹の暗がりでのバトルでは、本当は全員がフラッシュローラーを履いて闘うつもりだったのが、醍田兄やんが1回も練習してこんかったから赤殿中と白徳利のコンビはフラッシュローラー無しになった(;´д`)トホホ…

狸たち、暴走!

Img_2407

ボクの好きなシーンです。術によって、だんだん自我を失っていった狸たちにさらに強力な術をかけ暴走させるという、クライマックスにかける緊張感を煽るシーンです。

つづく

2012年7月 5日 (木)

ウワサの裏平安京話その6「増量中」

昨日はU・WA・SAの奴等produce 10th Onmyou Magical Battle Girl「平安京にヤツらがやってきた」の精算会でありました。精算会といいますと、この「平安京~」の公演に関わるすべてを精算ということになります。出演者の皆様のチケット売上の返還であったり、スタッフ様の給金支払いであったり、借り物の返却であったりと、制作面での「〆」となるわけです。

いつも稽古場としてお世話になっている集会所が精算会会場となったわけですが、始まったのは何故か、メイクさん渾身の平安京オリジナルうちわ(販売なし)争奪、「ジョジョの奇妙な百人一首」大会!(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

ジョジョを知ってる人も知らない人も、狂喜乱舞して盛り上がる!まあ詳しくはAKILAがこちらで記事をアップしてくれるでしょう!(手抜き( ´艸`)プププ)

で、精算会的ななんやかんやを済ませたら、もちろんみんなで精算打ち上げじゃいぃィィィィィィ!

120704_222901

ウワサファミリー行きつけの居酒屋。しこたま飲んで食って、しっかり精算!これでスッキリさっぱりいじっぱりだ!

さて、そんな呑み上げなテンションはさて置き、いよいよ役者紹介!←え、いまさら?(@Д@;

まあそういわずにお付き合いください。

トップバッターはコイツら!どどん!!

Img_0353

セガール!(スチーブンじゃない方の)黒晴明ガールズが転じてのセガール!

こちらは逢沢ゆりえ

Img_0240

主食は期限切れのコンビニご飯という、エコ社会に貢献したナイスガール!だいたい高確率で吐く!下す!というコンボにもへこたれず、エコに少しでも貢献しようという姿勢がなんとも微笑ましい。食事をおごってやりたい!と思ったりもするが、彼女にとっては余計なお節介?「地球が・・・泣いてるだろがぁっぁぁあ!」

はい、つぎっ。高本結。

Img_0263

たかもとむすぶ。とよむ。「結=むすぶ」という呼び方がボクの中で浸透しなくて、最終的に「すすむ」となった。理由はちゃんとあって、「むすぶ=おしまい」みたいで感じ悪いから、「前進あるのみ=すすむ」でいいんじゃない?て感じで。

「すすむ」は稽古場には毎回1番乗りで到着して鍵開け、稽古スペースのセッティングを率先してやってくれるめちゃ良い娘!ヽ(´▽`)/トレーニングも毎回欠かさず、熱心に稽古に挑んでくれた。

そんな「ゆりえ」と「むすぶ」は演技はまだまだだったけど、真面目に稽古に挑む姿勢を買って出番を増量させてあげた。そのシーンがこれ。

Img_0537

稽古シーンだけどね・・・。

台本上では「ポップな音楽に合わせて修行」みたいなシーンですwww

それがまさか少林拳やったり早口言葉特訓やったりとこんなアホなシーンになるとは・・・( ̄◆ ̄;)あ、それ考えたのボクや・・・(´,_ゝ`)プッ

そうそう、せっかくなんで出番増やしてあげて彼女たちの活躍の場(日替わり早口言葉)も与えてやろうというボクの親心が・・・もとい、彼女たちの日々の頑張りが、こんな素敵なシーンを作り上げたのです。

つづく

2012年7月 3日 (火)

ウワサの裏平安京話その5「困る」

120701_145201

昨日はちん電ジャックイベントに参加してました!文字通り、チンチン電車を貸切して、車内では持ち込み飲食パーチー&アコーデオンで昭和懐メロ生演奏!なんてステキ!企画者のあゆみん姉さん、楽しい時間をありがとうございました!!

Img_03240001

話は平安京に戻り、、、香川を後にしたボクらは夜中の2時やら3時やらに帰宅。翌朝は早朝からバイト行ったり大阪駅のイベント出演したりでほとんど寝る間もなく、、、夕方からはウワサの稽古に突入するという・・・過密なスケジュール!!しかもボクにはアレが憑いてるしwww

そうも言ってるまもなく舞台装置や照明、特に音楽は早めに作っておかないとダンスが・・・いや待てその前に、この台本、まともにやったらネタを抜きにしても3時間超えちゃうよぉ~~~(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

削れ!どこを?とにかく、できるだけ!

そこから眠れない夜が続く。作家さんとお話しては残したいセリフとかこの芝居の中にいれ込んだメッセージとかを大事にしつつ、なるべく枝葉の部分を削除。で、音響さんに通し稽古を見ていただく。

386「無理」

ボク「そりゃ、そうだわな。分かってたけど、分かった。正直に無理って言ってくれてありがとう。方針は決まった。」

音響さんから「無理」と大事な一言をいただいて、ボクは決心した。後半の段取りをごっそり変更しよう。と。台本上、かなり複雑にいろんなエピソードや人物の思念などが収束に向かい、場面が長くなったり人物の立ち位置がかなり矛盾が生じたりいろんな無理が出まくっていたラストバトル!この部分、一番弄るのが面倒なシーンで、演出面でも非常に手こずっていたのだった。

Img_2446

上の写真のシーンだが、登場する人物の順番とかセリフの流れとか戦いを丸ごと削ったりとか、大事なシーンだけに慎重に作業を進めたつもりではあったが、 その中においても見せ場は強調させねばならないので本気でぶっ倒れるほど台本読み倒した。

結果、最終的に台本は、最初いただいたページ数から約10ページほど削れたことになる。ウワサの台本は1ページが約3分あるものだから、単純に30分カットに成功!それでも約3時間の芝居になってるもんだから、本気の台本どんだけ分厚いねん!てことになるwwwまあそんだけ作家さんも気合入れて書いてくれてるということやし、ボクもその意気に応えたいからなるべく削るのはしたくない。でも上演時間気にせなあかんから削る。その葛藤。

で、こうした苦労の結果、音響さんにも納得していただき、演出面でもなんとかスッキリとした構成が出来たり、上演時間もちょっと短縮できたりと、ホッと胸をなでおろす・・・間もなく、小屋入りまでに全然決まりきってないシーンとか、え?こんなシーンあったの?とか、ボクが出てるシーンの演出がすっかりおろそかになってることに気がつく。プラス、当日配布のパンフレットを作ってないことにも気がつく。物販の・・・アレの・・・コレの・・・ああ、もう、ボクの全てが間に合わないぃぃぃぃぃぃい(その話は後日)

そしてとうとう小屋り。ほとんど寝てないのでテンションおかしいボク&多田氏。舞台セットを組み付ける。

Img_0021

か、カッコイイ!

予想以上の出来に一同感動!

「この舞台でやるのか!!スゲー!!」o(*^▽^*)o

舞台裏では・・・

「こんなタイトな舞台裏でやるのか!!スゲーキツイ!!」アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

「つーか、スライムいてるし!」!!(゚ロ゚屮)屮

ボク「このスライムけいじろう君か?」

けい「すんません、冗談だったんですけど・・・」

ボク「もっと沢山隠れキャラ仕込んどいてよ!良く見なわからん感じで舞台のいろんなとこに潜ませといて!48匹。」

けい「え?ええええええええ?!」Σ( ̄ロ ̄lll)

Img_1349

思いつきで誰にでもなんでもやらせる朴友鳩(´,_ゝ`)プッ

スタッフチームとの息はこんなところで合わせたりもする。やっぱり舞台はみんなのものだからね。みんなで楽しまないとね!

だからこんな人も出たりもする。

Img_2065

舞台監督の涌本氏www本人曰く、

「この舞台セットは僕の中で一番気合入った最高のセットですわ!」

まさにそのとおりで、U・WA・SAの奴等史上で最も気合の入ったスゲー舞台セットになった!その分めっさ金かかった!( ´;ω;`)ブワッでもこの気合の入れようが、みんなのモチベーションアップにもつながるのだその分めっさ金かかった!( ´;ω;`)ブワッ。お客さんにも大好評!その分めっさ金かかった!( ´;ω;`)ブワッ・・・いや、お金じゃないよ!心意気だよ!

涌本氏は他には舞台監督役としても出演!あと、扉の開閉は涌本氏とけいじろう君でやってる。スーパー頼りになるヤツら!

そして舞台を彩る照明効果は・・・牟田耕一郎!

Img_2731

五芒星や扉開閉時の目潰しやら、かゆいところに手が届く!ボクが何も言わなくても、舞台セットを見てこのとき役者がこう動くってのが分かったら、

牟田氏「つまりこういう明かりが欲しいんでしょ?」

ボク「そうそう、それ」

ってな感じでサクサク話が進む。あとは

牟田氏「こんな感じの入れといたんで、この明かりの中に入っといてください」

ボク「はーい。(入る)ほー、こうなるのね。(・∀・)オッケー!」

みたいになる。

そんなこんなで、ちゃんと冷静に「無理」って言ってくれる音響の宮本宗紀、色んな無茶を聞いてくれる舞台監督の涌本法明、大道具の中西啓二郎、何も言わんでも思惑が通じる牟田耕一郎、いろんな頼りになるスタッフさん達で本当に助かったよ!

2012年7月 1日 (日)

ウワサの裏平安京話その4「アレがアレした香川レポその2」

120629_200101

昨日はファングルっぽのオフ会に参加してました。「極にゃん」のDVD見たりほぼ自己紹介だけで盛り上がったりwwwボクが悪いwww兄様も悪いwwwで、Tomyが遅れて登場すると緊張しだす一同。

なんでやねん!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

あとは1年ぶりぐらいにカラオケした。もう歌い方忘れたわwww

さてさて、香川の続きです。

大浴場を後にしてたば休に行く兄様と着いていくボク。消灯時間で薄暗い喫煙所のようなところには自販機と謎の・・・マユ?

兄様「うわわ!何かのマユや!なんでこんなとこにあるねん!キモッ!」

ボク「知らん知らん。いろいろみつけんといて~」

兄様「うわわわ!何かの根っこが水に浸かってるぅ!こんなんさっきまで無かったぞ!」

ボク「エエエエ、ナニソレ!高麗人参?なんか・・・綾波レイがいっぱい浮いてるみたいや!!!ヒヤァァァァァァァァァァァ!」

兄様「夜見ると一層怖いやんけハゲェ!」

ボク「誰に怒ってるねん( ̄◆ ̄;)ボク、ビール買って部屋もどる・・・・・・・・・じ、自販機から・・・手が出てきたらどうしよう・・・アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!」

二人「部屋もどるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅう!」

大浴場、喫煙所でちょっとした恐怖体験をしたボクと兄様は改めて部屋風呂でシャワーを浴び、体にまとわりついた黒い浮遊物を洗い流す。

兄様「ともきゅー!石鹸が!石鹸が!」

ボク「だからもう、いろいろ見つけんといてよ~~~(;;;´Д`)」

兄様「石鹸が何年も使い回しにされてぐにゃぐにゃになってるし、汚い!」

ボク「うはぁっ!チュロスや!石鹸がチュロスみたいになってる!(´Д`;≡;´Д`)アワアワ」

兄様「あと、壁が汚い!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ」

ボク「もうええて!壁が汚いくらい我慢せえ!o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;グハッ」

なんとかかんとか体を洗い清め、その後ミーティングと台本読み合わせとかをして、そろそろ就寝しましょうかとなるが・・・

全員「なんか・・・・・・・・・・・・・寝るの怖い」

てことで、男女2部屋に分けてたのを1部屋に合流。全員で川の字・・・もとい、|||||←こんなんなって寝る。オヤスミナサイ

が、なぜかテンション高いTomy。修学旅行か!この時すでに3時を回っていた。

120629_200301

翌日コスプレイベントの控え室。福岡から応援に来た打身ファンの女の子から、ファングルっぽを代表してサプライズなプレゼントをいただく。皆テンション上がる。「ホッホーーーイ!」

で、こっちもお返しのサプライズ。

ボク「ボクと契約して、今からイベントMCやってよ」

打身F「え、えええええええええええええええええええええええ!」

そんなボクにさらにサプライズ。

MATO「ともきゅさん、みんなで泊まったあの部屋・・・イテマシタヨネ。」

ボク「・・・・・・・・・・・・・え?」

MATO「部屋の中に、周りを取り囲むみたいにイテマシタヨ。」

ボク「ナニソレ?綾波じゃ無い方の・・・?」

MATO「レイです」

一同、ドン引き!

MATO「ともきゅーさんとこ、いっぱいイテマシタヨ。」

ボク「(∩゚д゚)アーアーきこえなーい、(゚ε゚)キニシナイ!!、キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ・・・・・・( ´;ω;`)ブワッ・・・・・・ァァァッァァァァァつД`)・゚・。・゚゚・*:.。」

そしてボクは、そのレイのアレを大阪に連れて帰ることになり、約2週間に及ぶ謎の怪奇現象と体調不良に悩まされることとなる。

120629_200401

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

twitter

公演予約

  • #舞台版うしおととら
    「雨に現れ、雨に消え」 12月 17(木)19時半 18(金)19時半 19(土)15時/19時半 20(日)14時/18時 シアターOMにて、前売1500円 予約は朴友鳩まで uwasaguys@gmail.com

最近のトラックバック