フォト
無料ブログはココログ

« 仁義なき裏話(楽隊編) | トップページ | 仁義なき裏話(役者編2) »

2011年7月 3日 (日)

仁義なき裏話(役者編1)

さあ、ここからが大変な「役者編」

なにせ出演者が多いから、何処から手をつけていいものやら・・・。悩む前に、ガンガンぶっこむぜぃ!

Gg 

まずは、ハマチ組親分ゴンゾウ役を演じました「隅谷和哉」さん。稽古場ではいつも隅っこの方で一人寡黙にトレーニングしながら台本を読みふけっている陰の努力家。出番になるとなぜか恥ずかしがってどっかに隠れちゃうシャイなおっさん!すごく気の利いた一面もある優しいおっさん!なのにはしゃぐときは何故か誰よりも一番はしゃいでしまう無邪気なおっさん!雨の降らない日は勝手に「ランニング」に出かけてしまう自由奔放なおっさん!

隅谷さん、リハーサールの日に突然ランニングに行くのはびっくりするんで、控えてください!(笑)

Photo_2

ゴンゾウの最初のイメージは「山城新伍」、締める所はかっこよく締めて、女にだらしないところはとことんだらしなくつくって、なんとも憎めない、味わい深い人間味あふれる(猫だけど)役にしたかった。

今回は初めての猫メイクで(まあだいたい全員はじめてだろうけど)最初は恥ずかしがってたなあ。でも実際にフルコンプでゴンゾウになったときは、全力で悪さが伝わってきて、いかにも「悪」って感じがとてもよかった。

Photo_3

情婦の「レナ」との写真。ゴンゾウの悪の根源は、レナに「ええ格好したい!」ってそれだけ!なんとも憎めない。やってることは悪いけど、だらしない男っぷりはどっか笑える。

対して「レナ」は自分のことしか考えてない超わがまま雌猫!そんなレナを演じてくれたのは「沙夜香」

Photo_4

お、なんだ、この写真の映りかたは!くそー!

ええ、気を取り直して。

沙夜香はオーディションからのメンバーで、稽古当初はよく道に迷っていました。(事実)方向音痴で、人生の道にも迷い中!(誰か助けてあげて!)

常にゴンゾウと一緒に登場する役柄で、稽古はゴンゾウと二人きりで別の部屋で(ムフフ)特訓していました。ほんとは「ケンスケ(朴友鳩)」との3人での絡みなのだけど、朴が演出してる間はちっとも一緒に稽古ができず、不憫な思いをさせてしまいました。そのくせ、ゴンゾウに「セクハラ(芝居の中で)」を要求したり、難しい芝居も要求した気がします。(うろ覚えか!)そんな気がします。

そんな沙夜香、実は演劇の世界に入ってまだ半年ぐらい!それにこのずうずうしさ!度胸満点な演技は脱帽もの。演技はまだまだだけど、なりきること、演じきることに関してよくがんばったんじゃないかな。

ちなみにこの衣装は自前!この役をやるために購入したんだそうな。なかなかやる気が伺える。が!胸元開きすぎやろ!中身に柄の入った網タイツ(?)を装着しない状態でのドレスリハーサルは犯罪もの!

誰かこいつを逮捕しろー!

Photo_5

« 仁義なき裏話(楽隊編) | トップページ | 仁義なき裏話(役者編2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108262/40658561

この記事へのトラックバック一覧です: 仁義なき裏話(役者編1):

« 仁義なき裏話(楽隊編) | トップページ | 仁義なき裏話(役者編2) »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

twitter

公演予約

  • #舞台版うしおととら
    「雨に現れ、雨に消え」 12月 17(木)19時半 18(金)19時半 19(土)15時/19時半 20(日)14時/18時 シアターOMにて、前売1500円 予約は朴友鳩まで uwasaguys@gmail.com

最近のトラックバック