フォト
無料ブログはココログ

« 公演の裏側知りたくない人は読まない方がいい。あと「前田夏季」です。「季」誤植失礼いたしました。 | トップページ | なんとか今週中には書き上げよう »

2009年7月 5日 (日)

チビッコダンサーにも活躍してもらいました。

6

オープニングダンスも決まり、本格的始動した感じが何となく雰囲気で伝わった。

「仕事しなきゃ」みたいな。

ダンスを全員でやることは、当然のように決まっていた。もちろん、一体感を持つため。ダンスの得て不得手関係なく、全員の気持ちをシンクロさせる。これがプロデューサーとして大切にしたかったこと。多分客目ではレベルが違い過ぎてバラバラに見えてるとは思うけど、ボクらの心はひとつになっていた!と思う。

チビッコダンサーはホントは最初から入れるつもりだった。でも最初から簡単には入れたくなかった。タイミングが大事だった。ゆえに何度となく渋り、子供たちの「踊りたい」という気持ちを育てた。

あ、タイミングに関しては企業秘密ね。

チビッコダンサーの出演が決まり、あとはどのタイミングでどんな扱いで出演させるかが問題だった。それこそ演出の腕の見せどころ。でも割といい感じに違和感なく仕上がっていたと思う。だけどオープニングダンスだけではもったいない。そんな親心から生まれた「ファンネル」もかわいらしくて幻想的で異質感もいい雰囲気だったと思う。子供たちも満足してたみたいだし。

チビッコのダンス振り付けはウワサ初演からの古参メンバー「光永陽子」通称よっきゅんである。

本当は芝居を引退しているのだが、U・WA・SAの奴等produceでしかも初演の再演と言うことで、やる気に満ちた参戦!彼女もこの公演にいろんな思いがある出演者のひとりだ。

出演が決まったのは昨年の秋、ゆうじのバーで鍋パーティーをしていた時だと思う。ものすごいテンション上がっていて、そんなよっきゅんを見て朴も奮い立った。

しかしまさか、チビッコダンサーの振り付けまでしてもらえるとは思ってもみなかった。しかも超かわいい!朴は舞台袖でいつも踊っていた。よっきゅんは稽古場では子供たちのダンスの師匠であり、「おかん」だった。

« 公演の裏側知りたくない人は読まない方がいい。あと「前田夏季」です。「季」誤植失礼いたしました。 | トップページ | なんとか今週中には書き上げよう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108262/30416755

この記事へのトラックバック一覧です: チビッコダンサーにも活躍してもらいました。:

« 公演の裏側知りたくない人は読まない方がいい。あと「前田夏季」です。「季」誤植失礼いたしました。 | トップページ | なんとか今週中には書き上げよう »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

twitter

公演予約

  • #舞台版うしおととら
    「雨に現れ、雨に消え」 12月 17(木)19時半 18(金)19時半 19(土)15時/19時半 20(日)14時/18時 シアターOMにて、前売1500円 予約は朴友鳩まで uwasaguys@gmail.com

最近のトラックバック