フォト
無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

終わったので5

終わったので5

終わったので5

終わったので5

終わったので5

終わったので5

マイケル コマ送り

終わったので4

終わったので4

終わったので4

終わったので4

終わったので4

終わったので4

とにかくなんでも

終わったので3

終わったので3

終わったので3

終わったので3

終わったので3

終わったので3

とにかくなんでも

終わったので2

終わったので2

終わったので2

終わったので2

終わったので2

終わったので2

とにかくなんでも

終わったので

終わったので

終わったので

終わったので

終わったので

終わったので

とにかくなんでも

中に居た物

中に居た物

中に居た物

おまえか!!

命や!新しい命や!ふわふわや!感動や!大変や!よろしく、新しい命!!

2006年8月29日 (火)

Aチーム千秋楽

Aチーム千秋楽

やり終えました。朴の中での総てが終わりました。朴の千秋楽はかなりの最高作でした!と、自負しちゃいます!みんな最高に集中して非常に緊張感のあるええ舞台になったと思います。

ハプニングや台詞の間違いも多少あったものの、そんなもの微塵も感じさせない研ぎ澄まされた空間。空気。舞台を、演劇をやってる雰囲気もなく、なんか実際にその場所に自分がいてるような臨場感があり、一役者を超えた登場人物そのものがそこにいるような、何とも言えない雰囲気が其処にあったような気がした。

舞台での挨拶を終えた後の何とも言えない高揚感!充実感!達成感!演劇活動を十余年やってきて久しぶりに涙がでそうになったよ。

本当に気持ちの良い、最高の千秋楽を果たせてめちゃくちゃ感動しました!劇場に脚を運んで下さったみなさま!応援いただいたみなさま!朴のことを支えてくれた出演者のみなさま!最高の舞台を支えてくれたスタッフのみなさま!本当にありがとうございました!!!

まだ公演自体はBチームのステージが残っておりますが、最高のその上目指してみんな頑張ってます!本当の最高の千秋楽にむかって!!!

特攻舞台Baku-団『机上・キラー・魔神・スイッチ』は明日までやってます。応援よろしくお願いいたします!http://www.baku-danger.com/

2006年8月28日 (月)

芝居観に来て!

芝居観に来て!

もう最高の感動作品ですよ!身がよじれますよ。カラダ中の『汁』が大洪水ですよ! ホラーなのに、何故か涙がでてしまう。ホラーなのに、何故かココロが温もる。ホラーなのに、何故かオマケ公演付きの特盛り大判振る舞い!まだ間に合います。観に来てください!感動特盛りをおもちかえりください!特攻舞台Baku-団『机上・キラー・魔神・スイッチ』http://www.baku-danger.com/ 是非とも『ぼくともきゅのチケット』でご来場ください!

2006年8月27日 (日)

こんなの

こんなの

うわ〜、クビ絞めてはりますね〜、怖いですね〜、残酷ですね〜。はい、こんなお芝居やっとりま〜す!下の方の記事も読んでね〜

2006年8月26日 (土)

来た!

こんな芝居は始めてや!いままでにない想像を絶するスペクタクル!これを観なきゃ夏は終わらない!年も越せない!命はもっと大切にしなきゃ!

初日を終えてほっとするのも束の間、否、ほっとする間もなく次の仕事が、課題が、もう山積みですわ。まだまだ面白くなるし、まだまだ公演は終らないし、何度観てもおもろいし!どんどんご来場お待ちしてまっせ〜!

初日の実感としては、いろんなハプニングを孕みつつもなかなかキモくええ感じの作品になってるかな?て感じ。そしてやっぱり最後は泣かせます!ココロ温まります!命は大事です!!そしてオマケ公演も大事です!!!本編と全く趣向の違うオマケ公演は、各本編終了直後に上演されます。侮れません。おもろいです!

満腹度200%の特攻舞台Baku-団http://www.baku-danger.com/の芝居は8月30日までやっとります。この感動を是非とも持って帰っていただきたい!もちろん『ぼくともきゅのチケット』で!よろしく〜o(^ヮ^)o

え?もう?

大変です。もう初日っす!あ~んど、このタイミングで新しい命が産まれようとしています!!やきもき!案ずるより早く産まれて来てください!

人生常に挑戦者の朴友鳩は今日も闘い続けます。敵は社会か?自分自身か?憎いあん畜生か?さあ、闘いの準備は、まだだ!!!待ってくれ、後ちょっと!置いていかんといて、皆!一緒に闘ってよ、頼むよ!

そんな朴友鳩に励ましのメッセージを!具体的には、特攻舞台Baku-団http://www.baku-danger.com/のお芝居『机上・キラー・魔神・スイッチ』を観に劇場に足を運んでいただきまして『朴友鳩のチケット』を購入後、演劇なんか観ていただいちゃったりしまして、観劇後、係員に『朴友鳩とお話がしたい!』とおっしゃっていただければ喜んであなたの元へと駆けつけてまいります!朴はあなたを待っています。朴はあなたに会いたいのです!

では、劇場でお待ちしておりま~~~す!

2006年8月23日 (水)

日和

日和

通し稽古をやってみえてきた粗い部分や要らんネタ等を整理してゆき、よりシャープでスマートな仕上がりを目指す。稽古場での稽古は今日でおわり。明日からは小屋に入って仕込みとゲネプロで本番に向けた最後の大仕上げ。

感触としては、ええ感じにエグい作品になっていってる。あとは本番でテンションと集中力を切らさない事。そう、今回は長丁場やからな。体調管理、ペース配分も役者の大事な仕事なのだ。

気合いの入りまくったBaku−団的ホラー!この夏の終わりに最高の演劇をみなさんにお届けします!こんないいお芝居観ないなんてバカ!絶対観てちょうだい!!

2006年8月21日 (月)

本番近し!

こんにちは、朴友鳩です!もうそろそろ夏も終わりますが、まだまだ暑い日が続きますね。 さてそんな暑さを回避するためにお勧めしたいのが冷房の良く効いたパチンコ屋と『特攻舞台Baku-団』がお送りする最新作『机上・キラー・魔神・スイッチ』です。はっきり言ってホラーです!それも視覚的ホラー(エイリアンとかゾンビとかナニワのおばちゃん等)ではなく、ココロをえぐる心理的ホラー! 人間に優しい演劇、ココロを暖かくする演劇を作り続けてきた特攻舞台Baku-団が、本作では『命』そのものに焦点をあて、人間の心理の中に潜むねじれた正義と、紙一重の悪と、愛と、狂気と、葛藤を描き、真に恐ろしきは人のココロであると提唱しつつもココロ暖まるハートフルなドラマとエンタテインメントをあなたにお届けします。 場所は天王寺区下寺町のシアトリカル應典院http://www.outenin.com 日時2006年8月 26(土)14:00‐A/19:30‐A

27(日)14:00‐B/19:30‐A

28(月)14:00‐C/19:30‐A

29(火)14:00‐B/19:30‐B

30(水)14:00‐B

今回はダブルキャストで朴はAチームです!入場料は『朴友鳩のチケット』で2000円!座席数に限りがございますので出来たら日時予約メールください!また当日でも受付にて『ぼくともきゅのチケットで!』と愛言葉を叫んでいただけば2000円で入場できます!

出演者もスタッフも既に気合いに満ちています!皆様のご来場お待ちしております!

http://www.baku-danger.com/ Baku-団ホムペ

折れ

折れ

携帯の充電器のジョイント部が折れた!先っちょは携帯側の差し込み口に埋没!抜けない!(;_;)

なんとかしてくれ〜auさ〜ん!

2006年8月19日 (土)

海賊と冒険とカブト

海賊と冒険とカブト

観ましたよ、やっと観れましたよ特撮ムービー二本立て!まあそのまえにパイレーツオブカリビアン観たんで映画三本ハシゴ!おなかいっぱい( ̄▽ ̄)

まだまだ上映中なのでネタバレ出来ないけど、パイレーツは今回は何にも解決してません!ワラ つづきます!謎だらけです、上演時間の尺がたりてません!こりゃもう、3まで観るしかないでしょう!見所は、みんなが呆気にとられて凍りつくブラッカイマーの十八番の『間』。CGはもうなんか当たり前みたいになっちゃって、大したコメントも出ないな。あとは、みんな優しいのね。それぞれのココロ模様がジャックスパロウ船長のええかげんさと相まって楽しい映画に仕上がってますな。

特撮は、ボウケンのほうはテレビと一緒!ワラ 特別色皆無!まあまあそれはそれで安心して観れました。1800円払ってテレビ観ました!ってかんじ。

カブトは・・・まあ、何も言うまい。映画ですからな。アナザワールドですからな。武蔵が出てきた瞬間がある意味一番盛り上がってましたな。あとはハイパークロックアップ!えええええっ〜!!

その後はお食事。久しぶりに食べたよ、うしなべ!旨かった〜!!もう、映画三本にうしなべでココロもおなかもまんぷくりん。と、携帯がメールを着信。バク団員が心斎橋そ〇うの前で路上パフォーマンスをするってよ!じゃあ観に行くかって、遊びにいって撮った写真が上の。なんだこりゃ?水本と松枝がちゅ〜しとるやんけ!キモ!!舌まではいっとるやん!ヒキ

ながいながい一日でした。

2006年8月17日 (木)

瞬殺

本番に向けて衣装合わせをしたよ。全員がありったけの私物衣装を持ちより、そのなかからよりイメージに近いものを組み合わせてゆく。柔道場みたいな広いスペース全体に広げられた衣装は、まるで下着泥棒のコレクションを没収陳列したみたいな状態。決して自分の服を自分で着ることはなく、帽子からズボンまで1つずつ違う人の物をチョイスしたり、と、混沌と混乱と煮詰まりながらもなんとか全員の衣装が決められた。

そしてその流れの中でパンフレット用の写真撮影も同時に行われた。皆結構時間をかけて撮っていたようだが、朴とごまさんは五分と掛らず撮り終えた。まさに完璧!まさに瞬殺!まさに役者魂!いい役者は撮られ方も完璧なのだよ。うふふ

2006年8月12日 (土)

ダッシュばかりではしんどい。なので歩く。歩きも暑いね。空がね、湿度の高さを物語ってたね。太陽がぼんやりしてるんですわ。高湿度で。汗かきました。汗まみれ。

歩くと時間の流れがゆったりになります。景色がちゃんと見えます。通り過ぎる人達の表情がみえます。アリンコも見えます。ステキ。ゆっくりしましょ。

2006年8月11日 (金)

演劇

演劇

演技なんてえものは考え始めたらキリがない。一つの役でも十人が十人とも違う演技をするものだし、逆に全く同じにはできない。故に大事なキャスティング。配役。ちなみに写真は朴の裏役のエンペラーごまさん。裏役なので全く絡みなし!

で、何度もいっちゃいますが、今回の芝居はダブルキャスト。一役を二人の役者が日替わりで演じる楽しい趣向。本当に楽しい!そしていろんなものがみえてくる。他人の演技をみることにより自分もあんな風に動いたら、とか、このシーンはバランス的にこうするほうがええな、とか、セリフそのものの流れであったりとかがよくわかる。

でもまあさいしゅう的に自分は自分なので、己の思う人物像を乗せていくだけ。

朴的な役作りは役の性格が一番出ているところから作り始める。先ずは感情の流れを感じ、コンテ的に演技をのせる。コンテが決まったら動いてみる。ここからが朴流MAXなのだが、朴は人間的に動かないのだ。いや、それは、奇妙な動き方をするってことではなくて、アニメーションとか漫画的な世界観とかコンテ、構成、演技を役に乗せているのだ。

ほら、アニメーションて一人の人物の顔だけをヌキで映したり、誰かがしゃべってるのに景色が映ってたりと、四角四面の世界にストーリーに必要な部分(それは人物の感情であったり関係性であったり暑い寒い痛い等の感覚的なものであったり)だけをより効果的に観ている側に伝えるためにそういう演出や効果をやってるじゃない?それを舞台上でやりたいのよね。それをやるためには非常に努力がいるのよね。それは『そこにいるのにまるでいないかのようにいてる演技』なのですわ。ようは必要ないときに目立つな!ってこと。でも役者の性格上喋るときは自分を見せたいもの。それではだめだ。美味いものも毎日食ってると飽きるんだ!長い公演時間の中で必要なセリフなんてごくわずか!あとはぶっちゃけいらないものなんだよ!でも本当に必要なワードだけでは想いはつたわらないんだ。ソコには過程が、ストーリーが必要なんだ。だから役者がいるんだ。『伝えたいものがある。だからオレタチはいるんだ!』てこと。

あ、はなしがそれたか?で、漫画なんやけど、これはもう、見る人それぞれって感じ。キャラクターの感情、気質とかセリフの中にあるメッセージは受け手によってさまざま。あるときは気持ちを前面に押し出して気持ちを伝え、またあるときは中間的にどっちともとれるような演技をする。と。これが一番むつかしいね。

で、まあ、最終的には『気持ち』ですよ『ココロ』ですよ。やっぱり演技には気持ちがはいってないとだめなんですわ。ココロ入れないと。セリフは文章ではなく『コトバ』やからね。

2006年8月 7日 (月)

熱中

熱中

暑ぅおまんなしかし。この猛暑。午前中から気温は30℃超ですっかり脳みそが沸き上がって熱中症っぽい事になり、ぶっ倒れてしまいました。気持ち悪い〜(>_<)

甲子園では若い男達が汗かき、泥だらけになって白い球ころ追いかけまわしております。水分を補給せよ!塩を舐めれ!ビタミンチャージ!夏を乗り切れ!旗を取り戻せ!愛も取り戻せ!そしてほどほどにがんばれ!

ココロとカラダに疲労がたまっている朴にとって、この夏はしんどい。が、そんなんゆうてられません。本番が近づいてます。そうです、8月末に特攻舞台Baku-団の公演『机上・キラー・魔神・スイッチ』やります。出演します。気合い入ってるけどカラダがついていけません!誰か朴にエナジーを!!元気を分けて下さい!!そしてチケット買って下さい!!

2006年8月 2日 (水)

もう!

軒並み140円台。軒並み猛暑。軒並み事故。軒並み殺人。軒並み不発。軒並み不作。軒並み不在。軒並み不安。軒並みブルースカイ。軒並み渋滞。軒並み節約旅行。

所によりI CRY。愛喰らい。哀暗い。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

twitter

公演予約

  • #舞台版うしおととら
    「雨に現れ、雨に消え」 12月 17(木)19時半 18(金)19時半 19(土)15時/19時半 20(日)14時/18時 シアターOMにて、前売1500円 予約は朴友鳩まで uwasaguys@gmail.com

最近のトラックバック